JALとispace、月着陸船の組み立てで技術支援 成田空港で組み立て

HAKUTO-R

日本航空(JAL)とispaceは、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のランダー(月着陸船)組立ての技術支援を開始した。

JAL子会社でJALグループの航空機の整備を担う、JALエンジニアリングのエンジン整備センターでHAKUTO-Rの2機のランダーを組み立てるほか、整備士が溶接などの組立作業の一部の技術支援を行う。航空機整備で培った技術力や品質管理能力が宇宙機製造に求められる要件を満たすことから、技術支援を行うことになったという。

組み立てたランダーは、2020年と2021年に月へ打ち上げられる予定で、2020年半ばに月周回軌道から月探査、2021年半ばに月に着陸し月面探査ローバーで月面探査を行う。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

グアム

航空券比較

タイ行き

20,738