USJ、1日券で需要に応じた価格変動制導入 繁忙期は大人800円値上げ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、チケットの価格体系を変更し、1日券「1デイ・スタジオ・パス」で日別設定価格制を導入する。

ゲストの多様なニーズへの対応と繁閑差の平準化、パーク体験価値の向上を目的としており、2019年1月10日から需要に基づいて日別に設定した段階的価格制を導入する。一部の日は現行より割安になる一方、割高になる日もある。現行の「1デイ・スタジオ・パス」は大人7,900円、子ども5,400円、シニア7,100円で、段階的価格制導入後は大人7,400円から8,700円、子ども5,100円から5,900円、シニア6,700円から7,800円となる。すでに2019年3月31日までの価格は発表しており、4月以降も需要に応じた価格設定とし、約3ヶ月前に公式ウェブサイトで発表する。

さらに、年間70日から75日の入場除外日を除いて1年間に何回も入場できる「ユニバーサル年間パス・ライト」を10月10日より大人19,800円、子ども13,500円で販売する。現行の入場除外日が年間約20日の「ユニバーサル年間パス」よりも、大人は6,000円安くなる。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

インドネシア(バ

航空券比較

タイ行き

20,738