ルフトハンザグループ、ドイツ鉄道と提携拡大 ルフトハンザ・エクスプレス運行都市拡大

ルフトハンザグループはドイツ鉄道と提携し、主要都市とフランクフルトを結ぶルフトハンザ・エクスプレス鉄道の運行都市を拡大する。

現在のドルトムント、デュッセルドルフ、ケルン、マンハイム、カールスルーエ、シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ヴュルツブルクの8ヶ所に加え、9月からはゲッティンゲン、カッセル、エルフルト、アーヘン、12月からはフライブルクとウルムからのサービス提供を開始するほか、来年の初夏までにはエッセン、ボーフム、デュースブルク、ヴッパータール、オーバーハウゼン、ボンからも利用できるようにする。これにより、出発駅は20ヶ所へと拡大する。

各出発駅からは、フランクフルトを出発するルフトハンザ・ドイツ航空便への接続列車を、1日最大8本運行する。運賃には座席予約料金が含まれているほか、マイルも積算される。列車やフライトに遅延が発生した場合は無料で変更対応し、フライトへの接続も保証する。ビジネスクラス利用者は1等車への乗車やラウンジの利用ができる。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

スペイン

航空券比較

イタリア行き

55,467