JALとハワイアン航空、マイレージ提携開始 10月から

日本航空(JAL)とハワイアン航空は、10月1日よりマイレージ提携を開始すると発表した。

JALのマイレージプログラム「JALマイレージバンク」と、ハワイアン航空のマイレージプログラム「HawaiianMiles」会員は、両社の運航便でマイルの積算や特典航空券の交換が可能となる。

JALマイレージバンク会員のマイルの積算対象はハワイアン航空とJALが運航する国際線とハワイ離島路線、HawaiianMiles会員のマイルの積算対象はJALと日本トランスオーシャン航空(JTA)便となる。JALマイレージバンク会員はハワイアン航空が運航するハワイ〜アメリカ本土線のほか、共同運航(コードシェア)便はハワイアン航空運航便とJAL運航便のみ積算対象で、その他航空会社が運航するコードシェア便はマイル積算・特典航空券利用対象外となる。

ハワイアン航空運航便にJALマイレージバンク会員、JAL運航便にHawaiianMiles会員が搭乗する場合、専用カウンターの利用、受託手荷物無料許容量の優待、手荷物の優先取扱いサービスを提供しない。

両社は共同事業を開始するため、6月に独占禁止法の適用除外(ATI)の申請を、国土交通省とアメリカ運輸省に行っている。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

フィリピン

航空券比較

フランス行き

58,615