セブパシフィック航空、持続可能な観光プログラム立ち上げ 機内でリサイクル可能な食器提供

セブパシフィック航空はフィリピン観光省と連携し、持続可能な観光プログラム「フアン・エフェクト(Juan Effect)」を立ち上げた。

旅行客や業界関係者とともに観光による環境への影響を緩和させることを目的としており、乗客に責任ある行動のもとでの旅行を促す。環境保全活動にも取り組む。

10月1日から全便で、環境に配慮したリサイクルができるスプーン、フォーク、マドラー、カップを使用する。カトラリーはコーンスターチ由来のポリ乳酸(PLA)を使用しており、従来のプラスチックと同様に成形できるという。プラスチック製カップは生物分解が可能な紙を使用したもの、コーヒーや紅茶に使用するプラスチック製マドラーは、リサイクルが可能な木材製に変更する。

セブパシフィック航空では、フィリピン国内線37路線、国際線26路線を毎日平均400便運航しており、毎日約18,500個のプラスチック製のスプーンやフォーク、カップ、マドラーを使用しているという。今後、子会社のセブゴーでも切り替える計画としている。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ベトナム

航空券比較

ベトナム行き

17,621
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 雑談
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • プーケットのお土産
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • 歩きまくる一人旅行に必要なものと不必要なもの
  • 空港で快適に寝る方法
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 釜山の電気街