新大阪駅に大開口ホームドア設置へ 異なる新幹線の編成長に対応

JR東海は、東海道新幹線の新大阪駅20~26番線に、異なる乗降ドア位置に対応した開口部の広い可動柵(大開口可動柵)を設置すると発表した。

新大阪駅では、16両編成の列車のほかに8両編成の列車が発着するため、異なる乗車位置に対応する可動柵を設置する必要があり、同社が技術開発を進めていた。新たに設置される大開口可動柵は、扉の長さが現行の3.4メートルから約5メートルに拡大。扉部の材質をアルミ材から炭素繊維強化プラスチック(CFRP)に変更。強度を確保しつつ最大限の軽量化を図り、扉長さの長大化を実現した。

設置工事は2018年度から開始し、2022年度までを予定している。工事費は約71億円。

Wifi 最安価格

バリ島

航空券比較

中国行き

18,217
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ANAマイレージクラブ
  • 雑談
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ESTA申請のタイミングについて
  • ANA SFC修行2017
  • 英語初心者用の英会話本やアプリ
  • 北欧だったらノルウェーとスウェーデンどちらが見える確率が高いですか。
  • 中国のVPN接続