外務省、コンゴ民主共和国の感染症危険情報取り下げ WHOが終息宣言

海外安全ホームページ

外務省は7月26日、世界保健機関(WHO)が7月24日付けで、コンゴ民主共和国赤道州でのエボラ出血熱の流行の終息を宣言したことから、感染症危険情報を取り下げた。

WHOはこれまでに、エボラ出血熱の確定例は38例、可能性が高い例は16例の合計54例発生したと発表。うち33例では死亡が確認されている。コンゴ民主共和国でのエボラ出血熱の発生は、1976年にエボラウイルスが発見されて以降、今回で9回目だった。

エボラ出血熱は、エボラウイルスが引き起こす、致死率が高い極めて危険な感染症。患者の血液、分泌物、排泄物などに直接触れた際、皮膚の傷口などからウイルスが侵入することで感染する。ヒトからヒトへの感染は、家族や医療従事者による患者の看護や葬儀の際の遺体への接触を通じて起きることが報告されている。安全性や有効性が確立された予防のためのワクチンや治療薬は存在せず、治療は対症療法が基本となる。

Wifi 最安価格

香港

航空券比較

グアム行き

21,281
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ANAマイレージクラブ
  • 雑談
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ESTA申請のタイミングについて
  • ANA SFC修行2017
  • 英語初心者用の英会話本やアプリ
  • 北欧だったらノルウェーとスウェーデンどちらが見える確率が高いですか。
  • 中国のVPN接続