外務省、コンゴ民主共和国の感染症危険情報取り下げ WHOが終息宣言

海外安全ホームページ

外務省は7月26日、世界保健機関(WHO)が7月24日付けで、コンゴ民主共和国赤道州でのエボラ出血熱の流行の終息を宣言したことから、感染症危険情報を取り下げた。

WHOはこれまでに、エボラ出血熱の確定例は38例、可能性が高い例は16例の合計54例発生したと発表。うち33例では死亡が確認されている。コンゴ民主共和国でのエボラ出血熱の発生は、1976年にエボラウイルスが発見されて以降、今回で9回目だった。

エボラ出血熱は、エボラウイルスが引き起こす、致死率が高い極めて危険な感染症。患者の血液、分泌物、排泄物などに直接触れた際、皮膚の傷口などからウイルスが侵入することで感染する。ヒトからヒトへの感染は、家族や医療従事者による患者の看護や葬儀の際の遺体への接触を通じて起きることが報告されている。安全性や有効性が確立された予防のためのワクチンや治療薬は存在せず、治療は対症療法が基本となる。

アメリカ Wifi 最安価格

日本-イギリス行き航空券

日本-イギリス行き航空券

55,108
Traicy Talk (新着投稿)
  • U旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • U青春18切符の裏技について
  • U18きっぷのルート
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • UTripair(トリペア)で航空券購入
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイレージクラブ
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 高野山見学
  • LCCタイガーエアーに問い合わせをする方法
  • ホテル予約はどこが最安?
  • ジェットスターセールの高松線について
  • 海外発券はもう安くない?
  • 成田の北ウェイティングエリアはどうなる?