マリオット、全ホテルで使い捨てプラスチックストローやマドラー廃止へ

マリオット・インターナショナルは、2019年7月までに世界中のホテルで、使い捨てのプラスチックストローやマドラーの使用を廃止する。

環境への影響を低減させることを目的としており、今後1年で完全に廃止した場合、10億本以上のプラスチックストローと、約2.5億本のプラスチックマドラーを削減することができることになる。

2018年より、約450軒のセレクトサービスホテルにて客室にある使い捨ての小さな洗面用ボトルを、より多くのお客様が使用可能な大きめのシャワー内ディスペンサーに置き換え始めた。年末までに北米の1,500軒以上のホテルで新たなディスペンサーを導入する計画で、通常は廃棄処分となる3,500万本以上の小さなプラスチック製洗面用ボトルを削減する。

2019年7月までに、全ホテルで削減が行われる見通しで、すでにあるプラスチックストローを使い切り、代替となるストローを探し、ホテルスタッフへの教育を行った後に実行する。利用者から要望があれば、実行前であってもより環境に優しい代替ストローを提供していく。

マリオット・インターナショナルでは、2025年までに埋め立て廃棄物を45%削減し、上位10位の製品購入カテゴリーに対し各製品を責任を持って調達するといった目標も掲げている。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

インド

航空券比較

マレーシア行き

22,333