スカイトラックス「ワールド・エアライン・アワード」、日系2社は高評価に喜びの声 JALは「5つ星」初認定

国際的な航空格付け会社であるスカイトラックス(Skytrax)は7月17日、2018年の「ワールド・エアライン・アワード(World Airline Awards)」を発表した。

日本を代表する航空会社2社、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)がいずれも高い評価を受け、授賞式に参列した両社の関係者はいずれも喜びに沸いた。

ANAは、全世界で最も優れた航空会社に送られる「ワールド・エアライン・アワード」で2年連続、3位の高評価を受けたほか、「ベスト・エアライン・スタッフ・サービス」部門のアジア地区でトップ、機内の清潔さを競う「ベスト・エアライン・キャビン・クリーンリネス」部門では全世界通じて堂々1位に輝いた。

ANA羽田空港センター長を務める服部茂上席執行役員はこれについて、「キャビンの中でのおもてなしはANAにとって最も大切なこと」と今回の評価に感謝。「世界のベストエアライン部門では前年に引き続き3位となったが、今後も引き続き上を目指して頑張りたい。これまで以上にお客様のために努力を怠らないようにしたい」とさらに上位を狙う意気込みを述べた。

一方、JALは、「ワールド・エアライン・スター・レーティング」で世界最高品質とされる「5つ星」の認定を初めて獲得したほか、「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」2年連続(3回目)で受賞した。

「5つ星」の獲得について、JALの赤坂祐二代表取締役社長は「今回の認定により、世界のトップ10として肩を並べることができた」とした上で、「日本人的なサービスのスタイルが認められただけでなく、外国人の方々に受け入れられるサービスを作り上げるための努力が認められたという点で、非常に意義があるもの」と満足感を示した。

なお、「5つ星」の認定を受けている航空会社は現在、世界で11社しかない。ANAは2013年以降6年に渡りその水準を維持しているが、今回JALが獲得したことにより、日本は「世界で唯一、5つ星キャリアが2社ある国」となった。

例年のスカイトラックスのエアライン・アワード授賞式は、隔年でロンドンもしくはパリで開かれる国際航空ショーの会場または隣接地で行われて来たが、18回目となった今回は前例を覆し、ロンドン市内の高級ホテル・ランガムホテルの宴会場を使って盛大に催された。「ワールド・エアライン・アワード」のランキングでは、1位がシンガポール航空、2位がカタール航空、3位がANA。JALは昨年の16位から上昇し13位だった。なお、100位までの順位については、「『エアライン・オブ・ザ・イヤー』にシンガポール航空、スカイトラックス社発表 トップ100社も」(https://www.traicy.com/20180717-skytraxwb100)に掲載している。

香港 Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

8,524
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNさくらトラベルでジェットスターが安い??
  • U香港エクスプレスのセールについて
  • U旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • UNヨーロッパとアメリカの違い
  • U札幌のオススメグルメについて教えてください!
  • UCtripで日本国内線が安い?
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • JALマイレージバンク
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • 釜山の電気街
  • ビールの美味しい国
  • 海外で食べて一番美味しかったものについて教えてください!
  • 台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • 桃園国際05時発関空行き
  • テグかソウルかプサンか、どこが一番楽しいスポットでしょうか。