ハワイ島に「ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート」が6月26日オープン

プリンスリゾーツハワイは、アメリカ・ハワイ島で運営する「ハプナビーチプリンスホテル」をリニューアルし、「ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート」として6月26日に開業した。

「ウェルネス アンド リラクゼーション」をブランドコンセプトに約4,600万米ドルを投じ、ロビー、客室、レストランといった施設の全面的な改装を実施した。利用客からの要望を踏まえ、ヘブンリーベッドやスポーツギアや、オープンエアなフィットネススタジオといったウェルネスプログラムも用意、癒しと再生を提案する。

建物は地上6階建てで、敷地面積は約114万平方メートル。敷地内にはゴルフ場のほか、レストランやショップ、プールも併設する。客室は232部屋のレギュラールームと17室のスイートルームの計249部屋で構成され、ホテルの位置するコハラコーストで最も広いタイプの客室を有している。全客室にヘブンリーベッドを設置した。

レストランは、地元の食材を存分に使用した地中海料理のメインダイニング「メリディア」、サラダ、サンドイッチ、軽食と豊富な種類の地ビールを揃える「ナウパカ ビーチ グリル」、オープンエアの朝食会場となる「イケナ ランディング」、リゾートの中心に位置するバリスタバー「ピコ コーヒー + バー」の計4店舗が揃う。プールは今回のリニューアルでファミリープールに加えて大人専用プールを新設し、落ち着いた空間でカバナ、ラウンジ、水中チェアなどを楽しめる。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ハワイ

航空券比較

アメリカ行き

22,902