改善?それとも改悪? 世界最大のホテルプログラムを検証する【橋賀秀紀のフカボリ 】

みなさんこんにちは。トラベルジャーナリストの橋賀秀紀です。このところ(いつもか)金欠状態により、春休みは青春18きっぷで庄内といわきにそれぞれ出かけました。いくらLCCが安くなったとはいえ、空港へのアクセスのコストと時間を考慮するとやはり青春18きっぷの安さは際立ちます。海外に行きつつ国内もというのはちょうどいいバランスなのではないかなあと思う今日このごろです。

さて、今回のネタはマリオット・スターウッド・リッツカールトンのプログラム統合についてです。

マリオット、3つのロイヤリティプログラムを8月に統合 無料宿泊チャートは3段階、除外日は廃止https://www.traicy.com/20180417-marriott

4月10日ごろから、アメリカの掲示板フライヤートークからリークされた情報がネット上をにぎわせていましたが、4月17日(日本時間)の公式発表の内容はそれにほぼそったものでした。詳細はマリオットの日本語ホームページで紹介されていますし、上記の記事でも取り扱っていますので、ここでは変更のポイントに絞って考察してみたいと思います。

統合のスケジュールは?

2018年8月1日から新しいプログラムに移行しますが、プログラムの名称のみ2019年初旬に発表となる。本来は同時がよかったのでしょうが、準備が間に合わなかったのかどうか…。ちなみにマリオットの日本語サイトでの告知も、一部英語のままになっているなど、十分な準備なしに公開されたようにも受け止められます。現在マリオットリワードとスターウッドプリファードゲスト(以下SPG)両方のアカウントを持っている場合は、統合される。また、統合にともない、ポイントと宿泊実績は合算される。

上級会員のベネフィットはどうなるの?

みなさんの一番関心が高い点はここだと思います。

まずおさらいですが、新プログラムの上級会員は5段階に設定されています。

・シルバーエリート(年間10~24泊)
空室状況によりレイトチェックアウトなど

・ゴールドエリート(年間25~49泊)
空室状況により午後2時までのレイトチェックアウト・スイート以外へのアップグレード・ウェルカムギフト(ポイントのみ)

・プラチナエリート(年間50~74泊)
ラウンジアクセス・ウェルカムギフト(朝食・ポイント・アメニティのいずれか)・午後4時までのレイトチェックアウトの確約(リゾート以外)・スイートを含むアップグレード・年間5泊のスイート特典など

・プラチナプレミアエリート(年間75~99泊)
プラチナエリートの特典に加えてさらに年間5泊のスイート特典など

・プラチナプレミアエリート アンバサダー(年間100泊以上かつ年間2万ドル以上の利用)
プラチナプレミアエリートの特典にくわえてアンバサダーサービス・空室状況により1泊につき24時間滞在)

もともと招待制だったアンバサダー(http://www.marriott.co.jp/marriott-rewards/member-benefits/get-more-rewards/elite-concierge-faq.mi)はとりあえず置いておき(笑)、上級会員のベネフィットとして格差が大きいのがゴールドエリートとプラチナエリートであるといえます。しかし、プラチナエリートを達成するためには年間50泊という高いハードルをクリアしなくてはなりません。スターウッドのプラチナ会員は年間25滞在でプラチナ会員になれたことを考えると、この点については改悪となったといえるでしょう(さらに特典での宿泊は上級会員の維持にカウントされなくなった)。ちなみに新プログラムでは達成のためのハードルはすべて「泊数」であり、「滞在数」ではありません(ただし、移行にともなう救済措置として2018年内までのSPG加盟ホテルについては滞在数で上級会員の条件をクリアできる)。これまで滞在数を稼ぐために毎晩宿を変えるという行為がよく見られましたが、今後はキャンペーンなどの条件に滞在数が課されないかぎり、同じところに連泊してもかまわないといえます。

SPGアメリカンエキスプレスカードの会員はどうなるの?

スターウッドの会員のなかには、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの会員となり、SPGのゴールド会員となっている人もいると思います。このカード会員はどうなるのでしょうか。

SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内https://www.americanexpress.com/japan/benefits/starwood-preferred-guest-card/newprogram.html

上のリンク先でカードについての情報も更新されていますが、もし、カードで獲得できる現状のSPGゴールド会員が、新プログラムのゴールドエリートであれば、現行のSPGで午後4時まで可能なレイトチェックアウトが午後2時までになるなど、やや改悪となる。今回の発表後、SPGゴールド会員は、新プログラムのプラチナ会員になるという噂もありましたが、SPGのカスタマーセンターによって否定されています。

1 2

Wifi 最安価格

マレーシア(主要

航空券比較

タイ行き

20,738