テスラ「モデルX P100D」がカンタス航空のボーイング787-9型機を牽引 約130トン

カンタス航空とテスラは、5月15日、電気自動車のテスラ モデルX P100Dでボーイング787-9型機の牽引を世界で初めて成功させた。

電気乗用車として最も重い物を牽引する、ギネス世界記録への挑戦の一環。牽引するボーイング787-9型機の重さは約130トンで、乗客は搭乗していらず、貨物は搭載していなかったものの、少量の燃料は残った状態だった。

カンタス航空では温室効果ガス削減計画の一環として、すでにシドニーとキャンベラで電気自動車を使用して機体の牽引を行っている。カンタス航空は1万台以上の地上作業車を使用しており、その全てがディーセル車。電気自動車へのシフトは、持続可能な未来に影響を与えるものとしている。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

バリ島

航空券比較

グアム行き

21,314