近鉄、フリーゲージトレイン開発を発表 京都~吉野間直通運転へ

近畿日本鉄道は、軌間可変電車(フリーゲージトレイン)の実用化に向けて開発を進めると発表した。

フリーゲージトレインとは、車輪の左右間隔を軌間に合わせて自動的に変えることができる電車。新幹線などの標準軌(1,435ミリ)と、主な在来線で使われてる狭軌(1,067ミリ)など、異なる軌間でも直通して運転できる。

同社は世界遺産などを擁する吉野エリアを重要な観光拠点と位置付けおり、大阪市内からは観光特急「青の交響曲」をはじめとした特急列車などを直通運転させるなど、吉野線への輸送を強化。しかし、京都駅から吉野線へ向かう場合は途中で軌間の異なる区間が存在するため、現状では橿原神宮前駅での乗り換えが必要となっている。同社はこれまで、京都方面から吉野線への直通運転のための様々な方法を模索してきたという。

そしてこのたび、同社はこの問題の解決のためフリーゲージトレインの開発推進を決定。6月22日付の役員異動にあわせ、同社総合研究所にフリーゲージトレイン開発推進担当役員を就任させる。今後は国土交通省と相談しながら、他の鉄道事業者や鉄道車両メーカーなどとともに、フリーゲージトレインの実用化に向けた検討を進める。

フリーゲージトレインが実用化すれば、京都から吉野間など軌間の異なる路線を直通運転できることになる。同社は「お客さま利便の向上、ひいては当社のネットワークの価値向上につながります」とし、「大阪・京都・奈良・名古屋・伊勢志摩・吉野などの各観光拠点が直通運転でつながる」と、主要駅から各方面への直通運転の可能性も示した。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

フランス

航空券比較

中国行き

18,920