小田急箱根高速バス、ロマンスカー・GSEの車体カラーを施したバスを運行

小田急箱根高速バス

小田急箱根高速バスは、小田急電鉄が今春より運行を開始した新型特急ロマンスカー・GSE(70000形)とのコラボ企画として、GSEの車体カラーを施した「GSEカラーバス」の運行を5月11日から開始する。

デザイン設計者である岡部憲明アーキテクチャーネットワーク代表の岡部憲明氏が監修し、GSEのデザインをバスで再現した。車体はGSEのカラーリングと同様に、薔薇の色を基調とした「ローズバーミリオン」、屋根部を深い赤色の「ルージュボルドー」、車体下部は「ムーンライト・シルバー」とし、 車体側面にはロマンスカーの伝統カラーである「バーミリオンオレンジ」の帯をあしらった。

バスは三菱ふそうトラック・バス製のエアロクイーン(MS06GP)で、オートクルーズ機能やドライバー顔認識カメラ、3点式シートベルト、USB電源、フリーWi-Fiなどを備える。

初便は、新宿高速バスターミナル(バスタ新宿)発御殿場行きの超特急113号となる。その後は小田急箱根高速バスの全路線にて運行することを予定している。

Wifi 最安価格

フィリピン

航空券比較

中国行き

18,920