国土交通省、ベトジェットエアの日本乗り入れを許可 6月24日から大阪/関西〜ハノイ線就航

国土交通省は、ベトジェットエアからの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を、5月7日付けで許可した。

6月24日より、ハノイ〜大阪/関西線を毎日1便運航する。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機を使用する。

ベトジェットエアは2007年7月に、ベトナムで初めての民間航空会社として設立。2011年にハノイを拠点にベトナム国内線へ就航を開始した。資本金は約4兆5134億ベトナムドン(約212億円)。機材はエアバスA320型機とエアバスA321型機を51機保有している。

2017年7月には、日本航空(JAL)とベトジェット・アビエーション・ジョイント・ストック・カンパニーとの間で包括提携に向けた覚書を締結しており、JALの日本とベトナムを結ぶ路線と日本国内線、ベトジェットエアのベトナム発着の国内・国際線で共同運航(コードシェア)を行うことも計画している。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ベトナム

航空券比較

ベトナム行き

20,274