ANA、エアバスA380型機の客室仕様を決定 機体は3色展開

全日本空輸(ANA)は、2019年春に就航する総2階建て旅客機、エアバスA380型機の客室仕様を決定した。

1階は全席をエコノミークラスで338席、2階はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席の計520席を配置する。

ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスではバーカウンター、1階後方にはシンクや着替え台、ベンチシート、おむつ交換台などを配置した多目的ルームも設置する。ハワイをイメージした機内のライティングも行う。

機内エンターテインメントは、エアバスA320neoやエアバスA321neoなどで採用実績はある、Zii社の「RAVE」を採用した。ハワイ路線限定デザインとして、ハワイ旅行への高揚感を感じられる画像や背景を用意した。機内Wi-Fiも装備し、有料で提供する。

ファーストクラスは日本初となるドアを装備した個室シートとなる。座席配列は「1-2-1」で、32インチのタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン、大型のテーブル、左右の読書灯と食事灯、ジャケットの収納ができるクローゼット、複数の小物入れ、PC電源、USBポートを装備する。

ビジネスクラスは全席通路側のフルフラットシート。座席配列は「1-2-1」で、従来のスタッガード配列を変更し、隣同士で着席できるペアシートも用意した。18インチのタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン、大型のテーブルとサイドテーブル、PC電源、2ヶ所のUSBポートを装備する。

プレミアムエコノミークラスは「2-3-2」配列で、シートピッチは38インチ。15.8インチのタッチパネル式パーソナルモニター、約90度に回転し、通路へのアクセスが容易な大型テーブル、レッグレスト、フットレスト、6方向に調整できるヘッドレスト、PC電源、USBポートを装備する。

エコノミークラスは「3-4-3」配列で、シートピッチは34インチ。2種類のファブリックを採用することで明るい雰囲気を演出した。13.3インチのタッチパネル式パーソナルモニター、6方向に調整できるヘッドレスト、PC電源、USBポートを装備する。

日本の航空会社としてエコノミークラスに初のカウチシート「ANA COUCHii」は、隣接する座席のレッグレストを上げて、3席か4席をベッドのような状態として過ごすことができる。シートピッチは32インチ。エコノミークラスに追加料金を支払うことで利用できる。

また、機体の塗装は3色となり、ハワイの「空」をイメージしたANAブルー、ハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジ、ハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーンとなる。

ANAホールディングスは、2016年にエアバスA380型機を3機発注した。東京とホノルルを結ぶ路線に投入する計画で、4月からフランス・トゥールーズで組み立てを開始し、引き渡しは2019年春を予定している。機体にはウミガメの親子を描いた特別塗装が施され、「FLYING HONU」との愛称が付けられる。

(写真・動画:ANA)

詳細はこちら

イタリア Wifi 最安価格

日本-グアム行き航空券

日本-グアム行き航空券

0
Traicy Talk (新着投稿)
  • ULCCで機内食を食べますか?
  • U女性の方で一人旅を経験された方に旅の心得を伝授してほしいです。
  • U香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • UNハノイについて
  • 海外でのバイクレンタル
  • バンコクのホテル選び
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 雑談
  • スターウォーズのロケ地めぐりをしたい
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
  • ANAマイレージクラブ
Traicy Talk(回答有)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 18きっぷのルート
  • 都内から行ける日帰り温泉地
  • 島根➡東京へ安く行く方法!
  • 10月8日日曜日に香港で旅行好きが集まりトラム貸切ツアーをやります