ANA、ボーイング787型機の運航の影響精査 耐空性改善通報で

全日本空輸(ANA)は、4月18日、ボーイング787型機のロールス・ロイス社製エンジンに関して、国土交通省航空局より4月17日付で耐空性改善通報が発行されたことから、運航への影響を精査していると発表した。

対象となるのは国際線で運航している一部機材で、4月20日の東京/羽田〜シドニー線の1往復2便で機材を変更する。4月21日以降の影響は改めて発表する。機材変更に伴い、ビジネスクラスの座席仕様の変更、プレミアムエコノミークラスの設定がなくなる場合があるとしている。

ANAでは、万が一、飛行中にエンジン1基に不具合が生じた場合でも、一定時間以内に代替空港への着陸が可能な航路にて運航するという運航方式の条件を変更するもので、運航の安全性をより確実にするための指示であることから、運航の安全性には問題ないという。

詳細はこちら

カナダ Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

54,022
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uビールの美味しい国
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 旅行中にTdap(破傷風・ジフテリア・百日咳)ワクチン予防接種
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 成田のDLラウンジについて
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード