アメリカ政府、ビザ申請者にSNS情報の提出求める提案

アメリカ政府は、ほぼ全ての査証(ビザ)申請者に、過去5年間に利用した全てのソーシャルメディア(SNS)のIDなどの提出を求めることを提案している。5月29日までパブリックコメントを求めている。

テロリストの入国を阻止するためとしており、過去5年間に使用した電話番号やメールアドレス、海外渡航歴の提出も求める。「複数のアカウントを持つことは簡単であり、リソースの無駄」「潜在的な脅威を特定することに役立たない」といったコメントが寄せられている。

日本を含む、ビザ免除プログラム参加国籍者がアメリカに渡航する際に申請が必要となる電子渡航認証システム(ESTA)でも、ソーシャルメディアのIDを任意であるものの記入する欄が2017年に新たに設けられている。さらに、2015年12月18日に可決された「ビザ免除プログラム改定およびテロリスト渡航防止法」によって、2011年3月以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある人はESTAの利用対象外となり、アメリカ入国時にはビザの取得が必要となっている。

イギリス Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

8,205
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について