スカイマーク、初の自社養成パイロット誕生 4名を副操縦士に任用

スカイマークは、初めての自社養成パイロットが誕生したと発表した。

同社は新規参入の航空会社として初めて、自社でゼロからパイロットを養成する制度を2014年度から開始しており、このほど4名の自社養成パイロットが全ての審査を経て、副操縦士の発令を受けた。副操縦士となった4名は入社後、地上研修を経て、国内外で訓練を積んだ後、2017年末に国土交通省航空局の試験に合格。その後、さらに路線訓練や社内審査を経て、副操縦士としてこのたび任用された。

同社では今回任用された4名以外にも訓練を実施しており、今後も順次、自社養成による副操縦士が任用される予定。また、現在は、2019年度入社の自社養成第5期生やライセンス所有者の募集も行っており、今後も継続してパイロット養成を行う計画だという。

■関連記事
ANA、新訓練方式での副操縦士第1期生が誕生 訓練品質向上と期間短縮両立

詳細はこちら

インドネシア Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

5,569
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uビールの美味しい国
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 旅行中にTdap(破傷風・ジフテリア・百日咳)ワクチン予防接種
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 成田のDLラウンジについて
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード