JR東日本、中央快速線に2023年度末からグリーン車導入 トイレの設置も

JR東日本は、中央快速線でのグリーン車のサービスを2023年度末より開始すると発表した。

固定編成の場合は現在の10両から12両、分割編成の場合は6両+4両から8両+4両に編成が長くなる。両編成ともにグリーン車は4・5号車となり、全58編成に2両ずつの計116両を新造する。合わせて運行区間の全44駅と車両基地で、駅改良工事や線路・信号の改良工事を行う。車両は短時間での折り返しや駅でのスムーズな乗降のため、両引きドアとする。運行区間は東京と大月・青梅駅間となる。

また、中央快速線と中央快速線と直通運転を行う青梅線のE233系電車全列車の普通車にトイレを設置する工事を、2018年度から2023年度まで順次行う。使用開始は2019年度末以降となる。場所は6号車となる。

詳細はこちら

フランス Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

6,698
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNクルーズ船の予約方法
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • UN務安国際空港について
  • U機内食を食べれないかたはどうしているか知っていますか?
  • U8月の香港一人旅、観光地やレストランのおすすめは?
  • U次の旅行先のオススメ教えてください
Traicy Talk(未回答)
  • 大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • ANAマイレージクラブ
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • シェアリングエコノミーが発展している都市
  • 台湾のいい温泉をお教え下さい。(温泉地・宿泊・グルメ)
  • MRJの離着陸を見たいのですが…
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • オープンジョー
  • 欧州鉄道乗り放題パスは本当に安いの?