国土交通省航空局、ソラシドエアを厳重注意

国土交通省航空局は3月14日、ソラシドエアに対し、運航乗務員の不適切な行為、不十分な運航乗務員の健康管理が認められたとして厳重注意と再発防止策の報告を指示した。

2月24日の長崎発東京/羽田行き39便に乗務予定の機長が、機材の到着をボーディングブリッジで待っていたところ、体調不良により一時的に倒れ込んだものの直ぐに体調が回復したため、同便と折り返しの長崎発東京/羽田行きの42便に乗務した。副操縦士も機長は乗務に支障がないと判断したという。運航乗員部は39便の東京/羽田到着後に報告を受けたものの、健康管理部門への連絡・相談等の必要な措置を講じず、42便への乗務を継続させたという。ソラシドエアは2月27日に国土交通省航空局に報告した。

国土交通省航空局では、機長が正常な乗務をできないおそれがある状況で運航することで、航空機の運航の安全性に影響を及ぼしかねないとして、航空法第71条に抵触するおそれがあるとともに、航空法104条の運航規程に違反することから、ソラシドエアに対して厳重注意を行い、4月11日までに再発防止策を報告するよう指示した。

ソラシドエアでは、「お客様をはじめ関係の皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。」として、信頼回復に取り組むとした。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

台湾

航空券比較

香港行き

7,888