会津若松市内で「AI運行バス」の実証実験 JTBら3社共同で

JTBと会津電力、NTTドコモの3社は、人工知能(AI)がリアルタイム処理を行うことで、需要に応じて最適な時間に、最適なルートで、最適な運行を行う「AI運行バス」の実証実験を、福島県会津若松市内で3月19日から25日まで行う。

会津若松市は観光スポットと人口密集地が重なるという特徴があり、「観光客と生活者の双方が利用できるシェアリング交通」をコンセプトとした実証実験を行う。柔軟に点在する観光スポットを結ぶことが出来ることから、観光客の回遊行動の促進や、住民の移動手段の確保期待できるという。

運行エリアは会津若松駅周辺4キロ四方程度で、乗降地点はエリア内25ヶ所を予定している。モニター参加者に限定して提供する専用スマートフォンアプリで配車要求を行うことで利用できる。車両は貸切タクシーを利用し、タクジー事業者が運行する。

JTBは旅行商品としての商品化や既存チャネルでの販路確保、会津電力は地域内企業や団体による事業提供へ向けたコーディネートなど、NTTドコモは運行システムの提供を行う。

Wifi 最安価格

イタリア

航空券比較

ベトナム行き

19,722