シンガポール航空、ボーイング787-10型機をパース線に投入へ

シンガポール航空(ボーイング787-10型機)

シンガポール航空は、シンガポール〜パース線にボーイング787-10型機を投入すると発表した。

投入路線の発表は、5月に投入を開始するシンガポール〜大阪/関西線に次いで2路線目となる。両路線への投入前には、クアラルンプールやバンコクへの乗務員の訓練目的の飛行を行うことを計画している。シンガポール航空では49機のボーイング787-10型機を確定発注しており、ボーイングのノースチャールストン工場で3月にも初号機を受領する見通し。

シンガポール航空のボーイング787-10型機は、ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席の計337席を配置している。主に中距離国際線への投入を予定している。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

台湾

航空券比較

ベトナム行き

19,722