アエロフロート、ロシア製中型機MC-21-300型機を50機導入 2020年第1四半期より受領

MC-21-300型機

アエロフロート・ロシア航空は、Rostecのロシア製中型機MC-21-300型機を50機導入する。

Rostecのリース子会社であるAviacapital-Serviceを通じて導入するもので、ロシア最大の顧客となる。リース料の支払いと維持費の引当金は合わせて50億米ドルに達する見通し。

アエロフロート・ロシア航空では、ビジネスクラス16席、エコノミークラス153席の計169席を配置し、ロシア国内線と国際線で運航する見通し。Wi-Fiも搭載する。25機目まではロシア国外で生産されたエンジンを搭載し、26機目以降は、現在型式証明の取得を行っているロシア製新型エンジンであるPD-14エンジンの搭載をオプションとして選択できるようにしている。引き渡し開始は2020年第1四半期を予定しており、2026年までに納入を完了する計画。リース期間は12年、オプションで2年間、3回まで延長ができる。

MC-21型機は中距離向け単通路機で、胴体の直径は4.06メートルと広い客室空間を提供する。人間工学に基づいた操縦室としたほか、ポリマー複合材を翼の構造に利用した。

詳細はこちら

オーストラリア Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

5,576
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uビールの美味しい国
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 旅行中にTdap(破傷風・ジフテリア・百日咳)ワクチン予防接種
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 成田のDLラウンジについて
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード