他人の宿泊予約権利を購入できる「Cansell」を使ってみた 新宿のシティホテルに1泊朝食付2,000円で宿泊できた!【レポート】

2016年9月よりサービスを開始した、宿泊予約権利の販売・購入サービス「Cansell(キャンセル)」。

出品者は泊まることができなくなった宿泊予約をCansellに予約料金より安い料金で出品し、購入者は希望の宿泊予約を購入できる。名義変更はCansellが行い、変更できた場合に予約が完了する。取り消し料金がかかる割安な予約や、直前になって行けなくなってしまった予約が主に販売されている。ベータ版として価格交渉ができる機能も追加している。

例えば現在出品されている1月の予約を見てみると、予約料金から50%オフの宿泊予約が出品されており、平均すると予約料金より大体30%程度が割引となっている。直前の予約もあるが、1ヶ月から2ヶ月先の予約も出品されている。特に連休絡みが多く、12月にはクリスマスを挟んだ予約の出品が多くみられた。ビジネスホテルよりシティホテルやラグジュアリークラスのホテルの出品が多く、1万円台後半から3万円台程度の予約がボリュームゾーンのようだ。Cansellは成約すれば15%の手数料を出品者側から徴収するという。

掲載数は決して多いとはいえず、地方都市は全くもしくはほとんどないに等しい。一方で東京や大阪といった大都市ホテルのは常に複数掲載されているものの、希望日程に合わせて予約できるとは限らない。宿泊日などをみると休日の複数人予約が多いことから、早い段階で予約をしてしまったものの行けなくなった観光客からの出品が多いことが推測できる。

2017年3月からは、パッケージツアーに含まれる宿泊予約の販売にも対応を始めた。チェックイン日まで残り20日以内の日本国内の宿泊権利が販売の対象となり、パッケージツアーの元の金額と宿泊権利の希望販売価格を通常のフォームに追加して入力すると、Cansellが予約内容の確認や希望販売価格が宿泊施設の市場価格より低いこと、予約者の名義変更が可能であるかを確認をした後、掲載を行う。飛行機と宿泊をセットで購入した場合、往復航空券を航空会社から購入するよりも、パッケージツアーを購入したほうがクーポンを利用できるなどの理由で安いこともある。その際には最低1泊はホテルの予約が必要となるため、最初から宿泊を放棄する人もいると聞く。放棄するはずだった宿泊権利をCansell上で販売することで、出品者はパッケージツアー代金の節約、宿泊者は市場価格より低い金額で泊まることができるようになる。

筆者も1月3日から6日まで、東京都内のホテルの予約の権利を実際に購入し、実際に宿泊してみた。

購入したのは、東京・新宿の「ホテルV(仮名)」。歌舞伎町に近く、新宿駅から徒歩数分の好立地だ。12月中旬、そんな「ホテルV」のスタンダードダブル3泊の宿泊予約が6件も、突如Cansellに出品された。

出品当初は3泊で数千円程度だったものの、その後引き上げられ、直前になると手仕舞いのため割安に戻った。結局、筆者は3泊朝食付きで6,000円で予約ができた。公開されている取引履歴を見ると、購入された価格は5,000円で1件、6,000円で3件、8,000円で1件、9,500円で1件だった。いずれも出品者は25,480円で予約をしており、購入者は最大80%オフで購入できたことになる。5,000円で購入できた人は1泊あたり約1,667円で、いかに割安であるかわかるだろう。筆者の場合、新宿と自宅の往復交通費よりも安上がりになる。

1 2

インドネシア Wifi 最安価格

日本-インド行き航空券

日本-インド行き航空券

29,184
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uビールの美味しい国
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 旅行中にTdap(破傷風・ジフテリア・百日咳)ワクチン予防接種
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 成田のDLラウンジについて
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード