JAL、2017年の定時到着率でアジアパシフィック地域1位・全世界2位に 

JAL(ボーイング777-300型機/JA752J)

航空データ統計・分析を行う米国の「FlightStats(フライトスタッツ)」は、2017年の航空会社の定時到着率について、日本航空(JAL)をアジア・パシフィック地域の主要航空会社メインランド部門とネットワーク部門の第1位に認定した。

国内線・国際線において遅延が15分未満で到着したフライトを定刻としたもので、JALの定時到着率は運航会社単体の実績が対象となるメインライン部門では85.60%、グループ会社運航便も対象となるネットワーク部門では86.09%となり、いずれもアジア・パシフィック地域で第1位だった。JALは2009年、2010年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年にも第1位となっており、6年連続8回目の受賞となる。このほか、全世界の主要航空会社メインライン部門、ならびにネットワーク部門では世界第2位となった。

詳細はこちら

スペイン Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

51,274
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN味噌汁の機内持ち込み
  • U昔の海外旅行
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
Traicy Talk(未回答)
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 参考までに
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 雑談
Traicy Talk(回答有)
  • 成都おすすめのスポット教えてください!
  • ソウルのディープなお料理屋さん教えてください
  • 航空会社未定航空券について
  • 海外でのレストラン検索について
  • Airport Limousine成田東京線の存在意義?
  • 山口に安く行く方法