旅行や出張の満足度、空港や世代・フライトの満足度に相関関係 コンカー調査

コンカーは、旅程アプリ「TripIt from Concur」のデータから、どの要素が旅行や出張の満足度に関係があるのかを調査し、結果を公表した。

2016年から2017年にかけて、アメリカ国内で利用された575,000以上のフライト後の評価データを解析すると、旅行者・出張者の居住地や訪れた空港、世代の違いと、フライトの「満足度」との間に相関関係があることが分かった。

1983年から1999年生まれのミレニアル世代が最も旅行や出張を楽しんでおり、その次は1946年から1964年生まれのベビーブーム世代だった。最も旅行や出張を楽しんでいないのは1965年から1976年生まれのジェネレーションXだった。

ホノルル在住の旅行者や出張者が全米で最も満足度が高いことがわかったほか、フェニックス、ナッシュビル、タンパなど南部の街も多くトップ10入りした。さらにハブ空港よりローカル空港のほうが満足度が高いこともわかっている。最も満足度が高いのは、到着はシカゴ/ミッドウェー、出発はダラス/ラブフィールドだった。

Wifi 最安価格

ベトナム

航空券比較

カナダ行き

58,839