セガサミーと京都大学、ギャンブル依存症の共同研究 カジノ施設でのプレイデータ分析

セガサミーホールディングスと京都大学は、ギャンブル依存症の共同研究を行うことで合意した。

実際に営業を行っているカジノ施設での日本人を含むプレイヤーのプレイデータを収集、分析することで、人が危険な賭けに至る前の兆候を明らかにすることを目的としている。期間は2021年3月までを予定している。

セガサミーホールディングスではカジノ施設内での全プレイデータを収集する仕組みを開発しており、研究成果と結びつけることで、依存症の兆候がみられるプレイヤーを早期に発見し、深刻化を未然に防ぐ仕組みの確立を目指すという。

ハワイ Wifi 最安価格

日本-マレーシア行き航空券

日本-マレーシア行き航空券

21,107
Traicy Talk (新着投稿)
  • UANAのマイルを貯めたい!
  • UANA SFC修行2017
  • UNマイレージカードについて
  • U昔の海外旅行
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • U機内食がおいしい航空会社
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • JALマイレージバンク
  • 参考までに
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 長期滞在の持ち物(包丁、洗い物など)について
  • 韓国のテグ(Daegu)は行く価値ある?
  • フルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • Ctripで日本国内線が安い?
  • 中国の生活水
  • 上海浦東 深夜の移動