JAL、春秋航空日本の安全品質向上をサポート 包括的に整備受託へ

日本航空(JAL)と春秋航空日本は、春秋航空日本の安全品質の向上を目指してJALがサポートすることに合意した。

春秋航空日本からの要請によるもので、安全基盤の強化に向けて、JALのオペレーションに関するノウハウの提供などを行う。現在、春秋航空日本は機材整備の大半を自社で行っており、一部整備はJALエンジニアリングが受託している。今後、包括的に整備業務をJALエンジニアリングが受託する準備を進める。

JALでは、日本の格安航空会社(LCC)マーケットの発展を目的とし、春秋航空日本の支援を行なうことでLCCの安全品質の向上を図るとしており、春秋航空日本の安定的な運航維持を実現することで、中国マーケットからの訪日需要拡大にも繋げたいとしている。春秋航空日本では、安全確保を維持しつつ、事業拡大を目指す。

春秋航空日本は、中国初の民間LCCである春秋航空のグループ会社として2012年9月に設立。2014年8月に国内線への就航を開始し、現在は東京/成田〜札幌/千歳・広島・佐賀・武漢・重慶・ハルビン・天津線の7路線を運航している。

詳細はこちら

ベトナム Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

8,729
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN味噌汁の機内持ち込み
  • U昔の海外旅行
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
Traicy Talk(未回答)
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 参考までに
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 雑談
Traicy Talk(回答有)
  • 成都おすすめのスポット教えてください!
  • ソウルのディープなお料理屋さん教えてください
  • 航空会社未定航空券について
  • 海外でのレストラン検索について
  • Airport Limousine成田東京線の存在意義?
  • 山口に安く行く方法