米投資会社インディゴ・パートナーズ、エアバスA320ファミリーを430機追加導入へ

エアバスは、アメリカの投資会社であるインディゴ・パートナーズ傘下の航空会社4社から、エアバスA320neoファミリーを430機追加で受注する覚書を締結したと発表した。

購入契約の締結後に、アメリカのフロンティア・エアラインズ、チリのジェットスマート、メキシコのボラリス、ハンガリーのウィズ・エアにそれぞれ振り分けられる予定。内訳はエアバスA320neoが273機、エアバスA321neoが157機で、カタログ価格では495億米ドルとなる。エアバスの単独受注では過去最大となる。

インディゴ・パートナーズ傘下の航空会社はこれまでに427機のエアバスA320ファミリーを発注しており、導入機材数はほぼ倍増することになる。

オーストラリア Wifi 最安価格

日本-マレーシア行き航空券

日本-マレーシア行き航空券

23,970
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN【台北以外】ネットカフェ宿泊について
  • U香港のディズニーランドについて
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • Uクルーズ船の予約方法
  • 務安国際空港について
  • 機内食を食べれないかたはどうしているか知っていますか?
Traicy Talk(未回答)
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
  • JALマイレージバンク
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • JGC修行2017
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • 台湾の夜市でオススメの場所はどこかありますか。
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • ガンジス川で沐浴したことがある方の体験談を募集
  • ベネチアまでの航空会社について
  • JAL特典航空券の前倒し搭乗