デルタ航空、ジャンボの日本線投入終了 セレモニーも開催

デルタ航空は10月30日の東京/成田発デトロイト行きのDL276便をもって、日本線へのボーイング747-400型機の投入を終了した。

フルフラットとなるビジネスクラスの「デルタ・ワン」を48席、エコノミークラス前方の足下が広い「デルタ・コンフォートプラス」を42席、エコノミークラス「メインキャビン」を286席の計376席を配置。電源やWi-Fiサービスも提供している。平均機齢は20年を超えていた。

日本線ラストフライトとなるDL276便(機体記号:N669US)は、定刻より23分遅れの午後6時13分に成田空港の26番スポットを出発した。出発に先立ち、ゲート前では記念のセレモニーも開かれた。

デルタ航空はボーイング747-400型機を、東京/成田〜ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、アトランタ、デトロイト、シアトル、ホノルル、マニラ、台北/桃園線といった、日本とアメリカやアジア各地へ結ぶ便に投入していた。

退役を前に、記念プロジェクト「Thank You 747-400」を7月31日から開始。成田国際空港と共催でフォトコンテストと写真展を開催した。最優秀賞の1名は、ボーイング747-400型機のラストフライトに搭乗し、渡米した。ボーイング747型機との思い出ストーリーの募集、チャーリィ古庄氏が撮影した写真の中から厳選して選んだ5種類の退役記念ポストカードや、現役機材のうち日本線に投入が多い6302型機をモデルとしたモデルプレーンの製作なども行った。

アトランタ国際空港近くのデルタ航空博物館(DELTA FLIGHT MUSEUM)では、3月28日よりボーイング747-400型機1号機(機体記号:N661US、6301号機)を改装した「747エクスペリエンス(747 Experience)」の公開も開始している。

あす10月31日からは、初の本格プレミアムエコノミークラス「デルタ・プレミアムセレクト」を搭載した、エアバスA350-900型機の投入を開始する。供給座席数は約2割にあたる70席減ることになる。

■関連記事
ジャンボ機の魅力を堪能できる、デルタ航空博物館の「747エクスペリエンス」を訪れた【レポート】

Wifi 最安価格

フィリピン

航空券比較

インドネシア行き

26,509

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 海外発券はもう安くない?
  • 中国のVPN接続
  • おすすめのクレジットカード
  • 東京から長崎のランタンフェスティバルへ、最安で行きたいです!
  • ベトジェットの予約が上手くできません
  • スカイスキャナーで出てくる「ハーンエア」
  • LCCの長距離便は大変ですか?
  • マレーシア 行き先について
  • 今もOPENチケットや格安航空券は存在する??
  • 経由地からの航空券を捨てることってできるんですか?
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • 何より無くさないようにすることです
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
  • 雑談
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 占いが大好きです。
Traicy Talk(回答有)
  • おすすめの宮崎ごはん
  • ソウル発券の代替地
  • MRJの離着陸を見たいのですが…
  • 初マルタ島旅行
  • ドーハのトランジットツアーについて
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 初 台湾 おばちゃん一人旅
  • クアラルンプールで早朝に仮眠するなら
  • 一週間の自転車旅行に最適なリュック
  • 東欧諸国でマイナーだけど、旅行におすすめの国は?
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース