国内初の次世代双方向型デジタルサイネージ、成田空港で10月20日運用開始

成田空港は、次世代双方向型デジタルサイネージ「infotouch」の運用を国内の空港で初めて開始した。

フライト情報検索や高精度屋内デジタルマップによる館内ナビゲーション、案内スタッフとのテレビ電話などがすべて1台で行える。また、搭乗券のバーコードをスキャンすることでカウンターや搭乗口までのナビゲーションを行う機能も実装。さらに、訪日外国人も利用できるよう多言語に対応している。対応言語は日本語のほか、英語・繁体中国語・簡体中国語・韓国語・インドネシア語・タイ語・フランス語・スペイン語。

設置場所は第1ターミナル。10月20日から中央ビル1階のビジター・サービスセンター内、31日から第5サテライト3階でそれぞれ2台ずつ運用を開始する。運用時間は午前4時から午前1時まで。

詳細はこちら

アメリカ Wifi 最安価格

日本-イギリス行き航空券

日本-イギリス行き航空券

59,077
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について