国内初の次世代双方向型デジタルサイネージ、成田空港で10月20日運用開始

成田空港は、次世代双方向型デジタルサイネージ「infotouch」の運用を国内の空港で初めて開始した。

フライト情報検索や高精度屋内デジタルマップによる館内ナビゲーション、案内スタッフとのテレビ電話などがすべて1台で行える。また、搭乗券のバーコードをスキャンすることでカウンターや搭乗口までのナビゲーションを行う機能も実装。さらに、訪日外国人も利用できるよう多言語に対応している。対応言語は日本語のほか、英語・繁体中国語・簡体中国語・韓国語・インドネシア語・タイ語・フランス語・スペイン語。

設置場所は第1ターミナル。10月20日から中央ビル1階のビジター・サービスセンター内、31日から第5サテライト3階でそれぞれ2台ずつ運用を開始する。運用時間は午前4時から午前1時まで。

詳細はこちら

フランス Wifi 最安価格

日本-インド行き航空券

日本-インド行き航空券

37,121
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
  • オープンジョー
  • 香港~マカオの行き方
  • ホテルをお得に泊まるには?
  • JGC修行2017
  • Tripair(トリペア)で航空券購入