JAL、フィンテックに参入 SBIグループと持株会社と事業会社設立

日本航空(JAL)とSBIホールディングスは、共同持ち株会社のJAL SBIフィンテックを設立した。出資比率はJALが51%、SBIグループが49%となる。JALにとって9年ぶりの子会社設立となる。

共同事業の第1弾として、JAL、JAL SBIフィンテック、住信SBIネット銀行の3社で共同事業会社となるJALペイメント・ポートを設立する。出資比率はJALが51%、SBIグループが49%となる。2018年度に国際ブランド・プリペイド事業に参入する。

事前に入金した金額内で、国際ブランドの加盟店で買い物ができる与信が不要のカードで、スマートフォンでの米ドルやユーロなど複数通貨への外貨両替や、日本円や両替した外貨での支払い、両替した外貨を海外のATMで引き出すこともできる。利用額に応じてマイルも付与する。両社で国際ブランドのプリペイドカードを発行することで、ユーザビリティを高めることができ、利用者に新たな価値を提供できるとした。

JALは、SBIグループが出資、連携する企業と協業し、フィンテックを活用した決済手法や資産形成など、利用者のニーズに応じたサービスを提供していく。ロボアドバイザー運用サービスを提供するお金のデザインなどとの連携を模索する。

提携はJALから数社に打診し、SBIグループとの提携を決めた。JAL SBIフィンテックの資本金は4,500万円、JALペイメント・ポートの資本金は4,000万円で、事業開始時には3億9,000万円までの増資を予定している。いずれも代表取締役社長には仁司哲氏と井上史章氏が就任した。JAL SBIフィンテック、JALペイメント・ポートともに、JALの連結子会社となる。

JALグループの国内線旅客数は3,257万人、国際線旅客数は839万人、JALマイレージバンクの会員数は3,170万人。SBIグループはSBI証券、SBI損保などの金融事業を手がけ、2,200万人の顧客基盤を持ち、特に若年層を中心に顧客を拡大しており、年平均12.6%成長しているという。SBIグループは、フィンテックファンドを2015年12月に設立し、AIやブロックチェーン分野に投資している。アメリカのCBインサイトに、最もアクティブな投資家であると評価されているとした。

詳細はこちら

インド Wifi 最安価格

日本-台湾行き航空券

日本-台湾行き航空券

9,929
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • UNエクセスチャージ対策
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • Uテグかソウルかプサンか、どこが一番楽しいスポットでしょうか。
  • Uネットで買えないやすい航空券がある??
Traicy Talk(未回答)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • JALマイレージバンク
  • 何より無くさないようにすることです
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
Traicy Talk(回答有)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 海外の旅先で貴重品を紛失してしまったらどう対処すればいいですか。
  • 成都に行くならやるべきこと!!募集!!
  • 四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • STWさんと旅工房さん