JAL、フィンテックに参入 SBIグループと持株会社と事業会社設立

日本航空(JAL)とSBIホールディングスは、共同持ち株会社のJAL SBIフィンテックを設立した。出資比率はJALが51%、SBIグループが49%となる。JALにとって9年ぶりの子会社設立となる。

共同事業の第1弾として、JAL、JAL SBIフィンテック、住信SBIネット銀行の3社で共同事業会社となるJALペイメント・ポートを設立する。出資比率はJALが51%、SBIグループが49%となる。2018年度に国際ブランド・プリペイド事業に参入する。

事前に入金した金額内で、国際ブランドの加盟店で買い物ができる与信が不要のカードで、スマートフォンでの米ドルやユーロなど複数通貨への外貨両替や、日本円や両替した外貨での支払い、両替した外貨を海外のATMで引き出すこともできる。利用額に応じてマイルも付与する。両社で国際ブランドのプリペイドカードを発行することで、ユーザビリティを高めることができ、利用者に新たな価値を提供できるとした。

JALは、SBIグループが出資、連携する企業と協業し、フィンテックを活用した決済手法や資産形成など、利用者のニーズに応じたサービスを提供していく。ロボアドバイザー運用サービスを提供するお金のデザインなどとの連携を模索する。

提携はJALから数社に打診し、SBIグループとの提携を決めた。JAL SBIフィンテックの資本金は4,500万円、JALペイメント・ポートの資本金は4,000万円で、事業開始時には3億9,000万円までの増資を予定している。いずれも代表取締役社長には仁司哲氏と井上史章氏が就任した。JAL SBIフィンテック、JALペイメント・ポートともに、JALの連結子会社となる。

JALグループの国内線旅客数は3,257万人、国際線旅客数は839万人、JALマイレージバンクの会員数は3,170万人。SBIグループはSBI証券、SBI損保などの金融事業を手がけ、2,200万人の顧客基盤を持ち、特に若年層を中心に顧客を拡大しており、年平均12.6%成長しているという。SBIグループは、フィンテックファンドを2015年12月に設立し、AIやブロックチェーン分野に投資している。アメリカのCBインサイトに、最もアクティブな投資家であると評価されているとした。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ハワイ

航空券比較

グアム行き

18,171

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 経由地からの航空券を捨てることってできるんですか?
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • 海外発券はもう安くない?
  • 中国のVPN接続
  • おすすめのクレジットカード
  • 東京から長崎のランタンフェスティバルへ、最安で行きたいです!
  • ベトジェットの予約が上手くできません
  • スカイスキャナーで出てくる「ハーンエア」
  • LCCの長距離便は大変ですか?
  • マレーシア 行き先について
Traicy Talk(未回答)
  • 占いが大好きです。
  • 何より無くさないようにすることです
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 雑談
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • 周遊する時に気を付けることは?
  • 寧波空港 早朝アクセス
  • 韓国フリー旅
  • 海外でのレストラン検索について
  • 機内食を食べれないかたはどうしているか知っていますか?
  • 香港の安い食事
  • 成都空港のホテル
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 香港観光に行きます
  • カジノに行ったことがある方へ
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース