羽田空港第2ターミナルの国際線対応設備工事、10月6日より着手へ 2020年3月供用開始

日本空港ビルデングは、羽田空港第2旅客ターミナルで国際線対応施設の整備工事に10月6日より着手する。

2020年までに、首都圏空港の処理能力を約3.9万回拡大する取り組みが進められていることから、第2旅客ターミナルの南側を増築し、7スポットを国際線に対応するスポットとして整備する。5スポットは国内線と共用で、2スポットは国際線専用となる。税関、出入国管理、検疫を行うCIQ設備、免税店、チェックインカウンター、手荷物受取場などを新設し、2020年3月頃の供用開始を目指す。供用開始に合わせて、現在の国際線ターミナルは「第3ターミナル」に改称する見通し。

工事に着手することから、9月1日から73番スポットとハイヤー乗り場19番で規制を行っており、今後も工事の進捗に合わせて規制が生じる見込みだという。

■関連記事
羽田空港国際線ターミナル、「第3ターミナル」に名称変更 2020年3月末を予定

Wifi 最安価格

中国

航空券比較

中国行き

18,281
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ANAマイレージクラブ
  • 雑談
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ESTA申請のタイミングについて
  • ANA SFC修行2017
  • 英語初心者用の英会話本やアプリ
  • 北欧だったらノルウェーとスウェーデンどちらが見える確率が高いですか。
  • 中国のVPN接続