スカンジナビア航空、ノルウェーのベルゲン空港でバイオジェット燃料の導入開始

スカンジナビア航空は、8月からバイオジェット燃料の提供を開始したノルウェーのベルゲン空港で、バイオジェット燃料の導入を開始した。ベルゲン空港でバイオジェット燃料を導入する初の航空会社となる。

航空分野での二酸化炭素排出量は右肩上がりで増加していることから、国際航空運送協会(IATA)は2020年までに燃料効率を毎年平均1.5%ずつ改善し、2050年までに航空業界の二酸化炭素排出量を抑制することを目指している。

バイオジェット燃料は、食用廃油、生ゴミ、タバコ、藻類、木材などの有機物から得られる油成分を精製して作られる。現在は化石燃料より割高であるものの、今後は低廉化することが予測される。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

フィリピン

航空券比較

タイ行き

15,695
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ANAマイレージクラブ
  • 雑談
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ESTA申請のタイミングについて
  • ANA SFC修行2017
  • 英語初心者用の英会話本やアプリ
  • 北欧だったらノルウェーとスウェーデンどちらが見える確率が高いですか。
  • 中国のVPN接続