日本空港ビルデングと双日、パラオ国際空港の運営に参画 海外空港の運営は初

日本空港ビルデングと双日は、両社が設立した中間持株会社を通じて、パラオ政府と共同でパラオ・インターナショナル・エアポートを設立し、パラオ政府とパラオ国際空港の20年間の事業権譲渡契約を締結した。海外での空港運営事業に参画する。

パラオ国際空港の既存ターミナルの改修、拡張のほか、運営や維持管理を行う。総事業費は約35億円を予定している。パラオ政府からの現物出資や事業移管を経て、2018年3月から5月頃に運営や工事を開始する予定。パラオ・インターナショナル・エアポートの社長兼最高経営責任者(CEO)は山口幸一氏が務める。持株比率は、パラオ政府が49%、双日と日本空港ビルデングが株式の50%ずつを保有するジャパン・エアポート・マネジメント・パートナーが51%を保有する。

パラオ国際空港はパラオ唯一の国際空港で、2016年の年間取扱旅客数は、パラオ国籍を除いて約28万人。観光客などの交流人口の増加にともなって重要性が高まっている。

オーストラリア Wifi 最安価格

日本-カナダ行き航空券

日本-カナダ行き航空券

59,465
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について