台湾、パスポート有効期間が滞在日数以上であれば入国可能に 外交部発表

台湾外交部領事事務局は、8月15日、観光などの短期滞在目的で査証なしに台湾を訪問する、日本のパスポート所持者の残存有効期間の規定を撤廃し、滞在予定日数以上に変更した。

これまでは台湾の入国時に、パスポートの残存有効期間が3ヶ月以上必要だった。今後は滞在予定日数以上あれば入国できるようになる。台湾入国後に滞在期間を延長し、パスポートの有効期限を過ぎた場合、台湾入国時のパスポートは無効となり、パスポートの新規発給を受ける必要がある。新規発給には戸籍謄本(全部事項証明)等の書類、写真等が必要となる。

台湾では、日本のパスポート所持者に対し、査証なく90日の滞在を認めている。

アメリカ Wifi 最安価格

日本-香港行き航空券

日本-香港行き航空券

7,058
Traicy Talk (新着投稿)
  • UANAのマイルを貯めたい!
  • UANA SFC修行2017
  • UNマイレージカードについて
  • U昔の海外旅行
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • U機内食がおいしい航空会社
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • JALマイレージバンク
  • 参考までに
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 長期滞在の持ち物(包丁、洗い物など)について
  • 韓国のテグ(Daegu)は行く価値ある?
  • フルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • Ctripで日本国内線が安い?
  • 中国の生活水
  • 上海浦東 深夜の移動