ANA、「機内食総選挙2017」試食会を開催 工場見学やドリンクサービス体験も 

全日空(ANA)は、「機内食総選挙2017」の試食会を、神奈川・川崎のANAケータリングサービス(ANAC)川崎工場で7月29日に開催した。

今年で5回目の開催となる「機内食総選挙」は、国際線エコノミークラスの機内食をSNSによる投票で選定するもので、試食会には抽選で選ばれた約40名が招待された。

この試食会には、昨年までの人気メニュー8種から一次投票で選ばれた4種と、今年の新作メニュー4種の計8種が登場。和食担当の川村博之氏、坂東泰男氏、洋食担当の伊藤克敏氏、中嶋裕幸氏の4名のシェフがメニューを一つひとつ紹介した。

和食メニュー1「とろとろ玉子の鰻玉丼」

和食メニュー2「チャーシュー丼」

和食メニュー3「焼き鳥丼」

和食メニュー4「牛すきやき丼」

洋食メニュー1「洋食屋さんのカツカレー」

洋食メニュー2「ビーフシチューとオムライス」

洋食メニュー3「赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ」

洋食メニュー4「ビーフカレー」

参加者はそれぞれ事前に自ら選んだメニュー1種と、当日くじによって選ばれたメニュー1種の2種類のメニューを試食した。試食中はシェフが各テーブルを回り、こだわりのポイントなどを参加者に直接説明したり感想を聞いたりしていた。

また、カートを使用したドリンクサービス体験も行われ、希望した参加者はエプロンを着用し、客室乗務員とともに他の参加者に飲み物を提供しながら会場内を回った。実際に体験した参加者は「カート内の飲み物の配置や動作の一つひとつにこだわりがあることがわかった」と感想を述べ、ドリンクサービスの難しさを実感した様子だった。

現在はFacebookのANA公式アカウント上で8月6日まで二次投票を受け付けており、和食・洋食それぞれ1位を決定。1位となったメニューは、12月からの冬メニューとして国際線エコノミークラスで提供される。

このほか、試食会に先駆けてANAC工場見学を実施した。参加者は使い捨ての白衣に着替え、高い衛生基準のもとに定められた手順で手を洗ってから工場内へ。スタッフによる説明を受けながら、免税品の管理や積み込みを行う保税エリアや、使用後の食器を洗浄する様子などを見学した。また、「1台5,000万円」という価格に参加者から驚きの声が上がった「フードローダー車」には、実際に荷台に乗車して昇降体験を行った。「積み込み作業は何人で行うのか」といった質問があがるなど、参加者は大いに見学を楽しんでいる様子だった。