「エアライン満足度調査2017」、首位はJAL 調査開始以来初めて

リクルートライフスタイルのエイビーロード・リサーチ・センターは、「エアライン満足度調査2017」を発表した。

エアライン別の総合満足度は、日本航空(JAL)が初めて1位を獲得。前年まで連続してトップだったシンガポール航空は4位に後退した。2位は全日本空輸(ANA)、3位はニュージーランド航空だった。

2007年の調査開始以来、初のトップとなったJALは、「乗務員の機内サービス、搭乗手続きなどとても親切、スムーズで満足した。」(60代以上・男性)、「無料で快適な機内エンターテインメントと食事を楽しめたし、不自由なことがなかったから。」(30代・女性)と高い評価だった。

部門別では、「客室乗務員の接客サービス」と「空港内の航空会社職員の接客サービス」ではJAL、「航空機の機材、設備」ではニュージーランド航空、「機内飲食サービス」、「機内エンターテインメント」はエミレーツ航空がトップとなった。

トップ20では、カタール航空が10位から5位、フィンランド航空が14位から7位にそれぞれ前年の調査から上昇。格安航空会社(LCC)では唯一、タイガーエア・台湾がランクインした。

1 2

Wifi 最安価格

中国

航空券比較

インド行き

32,988