エアバス、「A380plus」を開発調査へ 座席あたりのコスト13%削減

エアバスは、A380plusを開発調査すると発表した。

新大型ウイングレットや翼の改良によって燃費を最大4%、既存のA380型機と比べて座席あたりのコストを13%削減する。さらに、最大離陸重量を578トンに増加することで、既存の航続距離である8,200海里では最大80名多く運ぶことができる。もしくは航続距離を300海里延長できる。また、整備感覚の延長、6年に1度の整備にかかる時間の短縮、システムの改善で整備コストを抑え、稼働率を向上させることができる。

エアバスは4月に開催された航空機インテリア・エキスポで客室装備の改良を発表している。階段の設計変更、乗務員休憩室の結合、壁際の手荷物入れの取り外し、横9席のプレミアム・エコノミークラスや横11席のエコノミークラスの配置によって、最大80席の追加が可能となる。

インドネシア(バ Wifi 最安価格

日本-イタリア行き航空券

日本-イタリア行き航空券

48,812
Traicy Talk (新着投稿)
  • U香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • U台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • UNエクセスチャージ対策
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
Traicy Talk(未回答)
  • 雑談
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ヨーロッパでお得に使えるクレジットカードは?
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
  • 日帰りで韓国旅行することになりました。効率の良いプラン教えてください。
  • LCCの長距離便は大変ですか?