ルフトハンザ、ドイツ発着2路線に新規就航 ロサンゼルス・北京・香港線にエアバスA380型機投入

ルフトハンザ・ドイツ航空は、2018年夏スケジュールで、フランクフルトとミュンヘンを発着する新路線を開設する。

新たに開設するのは、フランクフルト〜サンディエゴ線とミュンヘン〜シンガポール線で、いずれも週5便を運航する。また、ミュンヘン〜シカゴ線は週7便から週10便に増便する。また、ミュンヘン〜ロサンゼルス・北京・香港線の3路線には、エアバスA380型機を投入する。このため、現在14機を保有しているエアバスA380型機のうち、5機をミュンヘン拠点に変更する。

航空券の発売は7月から開始する予定。

詳細はこちら