フィンエアー、東京/成田〜ヘルシンキ線にエアバスA350型機投入 週4便を増便

フィンエアー(フィンランド航空)は6月5日、東京/成田〜ヘルシンキ線を夏期限定で週4便を増便するとともに、エアバスA350-900型機をヨーロッパの航空会社として初めて、日本線へ投入した。

フィンエアーのエアバスA350-900型機は、ビジネスクラス46席、エコノミーコンフォート43席、エコノミークラス208席の計297席を配置している。現在は9機を保有しており、2023年までに発注した19機全ての受領を完了する見通し。エアバスA330-300型機のうち機齢が高い機材は退役させるものの、機齢が若い機材は使用を続ける。日本線は全てエアバスA350-900型機に置き換える計画で、東京/成田〜ヘルシンキ線のAY73便とAY74便は10月2週目から、大阪/関西〜ヘルシンキ線は7月11日からエアバスA350-900型機に置き換える計画。一部便は整備のため、エアバスA350-900型機で運航することもある。順次、名古屋/中部・福岡線も機材を変更する。

フィンエアーは現在、東京/成田、名古屋/中部、大阪/関西とヘルシンキを結ぶ路線を通年、福岡とヘルシンキを結ぶ路線を夏期限定で運航している。日本線はヨーロッパの航空会社として最大の週28便となり、日本航空(JAL)との共同運航(コードシェア)便を含めると、週35便体制になる。将来的には、東京/成田〜ヘルシンキ線を、需要が高い夏期にダブルデイリー化も検討する。

増便の初便となるAY71便(機体記号:OH-LWF)は、ヘルシンキを現地時間6月4日午後4時45分に、乗員14名、乗客254名を乗せて出発。6月5日の午前8時4分に成田空港の92番スポットに到着した。隣の94番スポットにはマリメッコ塗装のエアバスA330-300型機(機体記号:OH-LTO)が到着し、2機が並ぶシーンもみられた。折り返し便となるAY72便は午前9時56分に、乗員13名、乗客293名を乗せて成田空港を出発。ヘルシンキには同日午後1時50分に到着する見込み。

詳細はこちら

中国 Wifi 最安価格

日本-インドネシア行き航空券

日本-インドネシア行き航空券

29,967
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
  • オープンジョー
  • 香港~マカオの行き方
  • ホテルをお得に泊まるには?
  • JGC修行2017
  • Tripair(トリペア)で航空券購入