タイガーエア・台湾、パイロット居眠り報道に見解 「過大な負担かかる乗務はなかった」

タイガーエア・台湾は、パイロットが飛行中に居眠りをしている画像が台湾で報じられている件について、見解を発表した。

タイガーエア・台湾では、すべてのパイロットが操縦中にうたた寝や居眠りをすることは禁じられている。報道を受けて、副操縦士が機長の居眠りをたださずに、居眠り中の写真を撮った理由を明らかにするため、速やかに内部調査を開始した。1年に渡って撮影されたデータから状況を正確に把握することは困難であったものの、5月22日に該当する操縦士を懲戒処分とした。

現在在籍する92名の操縦士の月間平均飛行時間は約70時間から80時間で、台湾の航空当局が規定する、月120時間、年間1,000時間の上限には達していなかった。タイガーエア・台湾では、パイロットが業務に差し支えるほどの疲労を感じた場合には申告するようになっているものの、パイロットに過大な負担がかかる乗務はなかったと考えているという。

詳細はこちら

台湾 Wifi 最安価格

日本-インド行き航空券

日本-インド行き航空券

30,255
Traicy Talk (新着投稿)
  • U乗り継ぎ地の空港税の二重払い
  • U務安国際空港について
  • Uベネチアまでの航空会社について
  • U海外旅行保険って何がオススメですか?
  • UN【台北以外】ネットカフェ宿泊について
  • U香港のディズニーランドについて
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールで効率良く観光できるスポットは?
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • 高雄のオススメ夜市はどこですか?
  • 一週間の自転車旅行に最適なリュック
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 香港エクスプレスのセールについて