シンガポール航空、エアバスA380型機など9機を売却やリース返却

シンガポール航空は、4機のエアバスA380型機を含む9機を、売却やリース会社への返却を行うことを明らかにした。

売却やリース会社への返却を行うのは、エアバスA330-300型機2機、エアバスA380型機4機、ボーイング777-200型機2機、ボーイング777-200ER型機1機。2017年4月から2018年3月の間には、エアバスA350-900型機10機とエアバスA380型機3機を受領する計画で、2018年3月末時点での機材数は109機となる見込み。

エアバスA380型機は、シンガポール航空が世界で初めて商業運航を行った。2007年10月より運航を開始し、シンガポール〜東京/成田〜ロサンゼルス線などにも投入された。

詳細はこちら

イタリア Wifi 最安価格

日本-台湾行き航空券

日本-台湾行き航空券

10,980
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN務安国際空港について
  • UNクルーズ船の予約方法
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • U機内食を食べれないかたはどうしているか知っていますか?
  • U8月の香港一人旅、観光地やレストランのおすすめは?
  • 次の旅行先のオススメ教えてください
Traicy Talk(未回答)
  • JGC修行2017
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • 旅行のきっかけについて
  • 雑談
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 夜行便の調べ方について
  • 高雄のオススメ夜市はどこですか?
  • 香港エクスプレスのセールについて
  • 日本語が通じて何とかなってしまう海外都市ってありませんか。
  • ドーハのトランジットツアーについて
  • 学生向けクレジットカードについて