関西国際空港で水素燃料電池バスの運行実証 関空旅博では空港内バスツアー実施

関西エアポートは、トヨタ自動車、南海バス、岩谷産業、大阪府の協力のもと、関西国際空港で水素燃料電池バス(FCバス)の運行実証を5月27日から6月1日まで行う。

トヨタ自動車が2月に市場への投入を開始しFCバスを用いて、西日本で初めての運行実証を実施する。水素燃料は、岩谷産業は2期空港島に整備した「イワタニ水素ステーション 関西国際空港」で充填する。燃料は水素15キロで、走行距離は200キロ、定員は77名。

5月27日と28日に開催する「関空旅博 2017」では空港内バスツアーを、各日午前10時30分、午前11時30分、午後1時、午後2時、午後3時、午後4時の6回実施する。5月29日から6月1日までは、エアロプラザから第2ターミナルビルへの試験運行を、各日午前10時、午前10時30分、午前11時、午前11時30分、午後0時、午後0時30分、午後2時、午後2時30分、午後3時、午後3時30分の10回行う。エアロプラザ発の片道のみ運行する。

将来的には、伊丹空港との間に水素燃料電池バスを運行する、「水素ハイウェイ構想」の実現を目指す。

Wifi 最安価格

カナダ

航空券比較

マレーシア行き

22,389