スクートとタイガーエア、2018年3月までに40機体制に

スクート(ボーイング787-9型機)

スクートとタイガーエアは、2018年3月までに40機体制に機材数を拡大する。

現在、スクートとタイガーエアの親会社であるバジェット・アビエーション・ホールディングスは、ボーイング787-8型機を6機、ボーイング787-9型機を6機、エアバスA320型機を21機、エアバスA319型機を2機の計35機保有している。平均機齢は4年5ヶ月。

2018年3月期には、ボーイング787型機を4機受領するとともに、インドのインディゴにサブリースしているエアバスA320型機3機の返却を受ける。また、エアバスA320型機2機をリース会社に返却する。これにより、ボーイング787型機が16機、エアバスA320型機が22機、エアバスA319型機が2機の計40機体制となる。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

グアム

航空券比較

香港行き

7,881
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ANAマイレージクラブ
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 雑談
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 皆さんのオススメのバックパックを教えてください!
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • ドレスコードと靴・かばんについて