スクートとタイガーエア、2018年3月までに40機体制に

スクート(ボーイング787-9型機)

スクートとタイガーエアは、2018年3月までに40機体制に機材数を拡大する。

現在、スクートとタイガーエアの親会社であるバジェット・アビエーション・ホールディングスは、ボーイング787-8型機を6機、ボーイング787-9型機を6機、エアバスA320型機を21機、エアバスA319型機を2機の計35機保有している。平均機齢は4年5ヶ月。

2018年3月期には、ボーイング787型機を4機受領するとともに、インドのインディゴにサブリースしているエアバスA320型機3機の返却を受ける。また、エアバスA320型機2機をリース会社に返却する。これにより、ボーイング787型機が16機、エアバスA320型機が22機、エアバスA319型機が2機の計40機体制となる。

詳細はこちら

香港 Wifi 最安価格

日本-タイ行き航空券

日本-タイ行き航空券

12,709
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uプーケットに行きたい!
  • U務安国際空港について
  • Uベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • U乗り継ぎ地の空港税の二重払い
  • Uベネチアまでの航空会社について
  • 海外旅行保険って何がオススメですか?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • 旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • JGC修行2017
  • 大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
Traicy Talk(回答有)
  • 海外の道案内で使えるおすすめアプリ
  • ネットで買えないやすい航空券がある??
  • 海外先から他国への旅行の可否
  • 旅行を記録するサービスでおすすめありますか?
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん