スクートとタイガーエア、2018年3月までに40機体制に

スクート(ボーイング787-9型機)

スクートとタイガーエアは、2018年3月までに40機体制に機材数を拡大する。

現在、スクートとタイガーエアの親会社であるバジェット・アビエーション・ホールディングスは、ボーイング787-8型機を6機、ボーイング787-9型機を6機、エアバスA320型機を21機、エアバスA319型機を2機の計35機保有している。平均機齢は4年5ヶ月。

2018年3月期には、ボーイング787型機を4機受領するとともに、インドのインディゴにサブリースしているエアバスA320型機3機の返却を受ける。また、エアバスA320型機2機をリース会社に返却する。これにより、ボーイング787型機が16機、エアバスA320型機が22機、エアバスA319型機が2機の計40機体制となる。

詳細はこちら

マレーシア Wifi 最安価格

日本-中国行き航空券

日本-中国行き航空券

13,100
Traicy Talk (新着投稿)
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • UANAのマイルを貯めたい!
  • UANA SFC修行2017
  • UNマイレージカードについて
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • JALマイレージバンク
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
Traicy Talk(回答有)
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
  • 欧州鉄道乗り放題パスは本当に安いの?
  • 東京から長崎のランタンフェスティバルへ、最安で行きたいです!
  • 香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • シェアリングエコノミーが発展している都市
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて