茨城空港、保安検査でボディースキャナー運用開始 主要空港に続き

茨城空港は、国際線の保安検査においてボディースキャナーの運用を開始した。

ボディスキャナーは、自動的に非接触で人体表面の異物を検出することができる機器。国土交通省は円滑かつ厳格な保安検査の実現のため、主要空港へのボディースキャナーの導入を推進しており、羽田空港や成田空港などの主要空港では2016年度から順次運用を開始している。

茨城空港に導入されたのはドイツのSmiths社製の機器で、検査モニターには人型の絵が表示され、検査データはその都度消去されるなど、プライバシー保護に配慮した設計となっている。スキャニングにはミリ波と呼ばれる微弱な電波が使用されており、健康への影響はないとされているが、車椅子やペースメーカーなど医療機器を利用している場合は係員に相談するよう呼びかけている。

詳細はこちら

インド Wifi 最安価格

日本-中国行き航空券

日本-中国行き航空券

15,677
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について