ANAグループ、2020年度には機材数を25%増 今年度はLCCに5機導入

ANAグループは、2016年1月に策定した「2016~2020年度ANAグループ中期経営戦略」を、環境変化や各事業の状況を踏まえた2017年度以降の4年間の施策を取りまとめた、「ローリング版2017」として発表した。

エアライン事業は、国際線とLCCの拡大で安定した収益基盤を築き、2020年の首都圏空港発着枠拡大に向けた備えを強化する。リゾート・プレジャーマーケットの強化に向け、フルフラットとなるビジネスクラスを搭載したボーイング787-9型機をホノルル線に投入するなど、エアバスA380型機の投入に向けた準備を加速する。

LCCは、バニラエアには2017年度中に3機を導入し、15機体制とする。東京/成田発着の国内線の増強を秤つつ、レベニューマネジメントを強化する。中距離線への進出も検討する。ピーチには2017年度中に2機を追加し、20機体制とし、仙台や札幌/千歳など新規拠点の展開を推進する。両社間の連携で効率化も目指す。

2017年度にはエアバスA321neoを4機導入するほか、エアバスA320neo、ボーイング777-9X、ボーイング787-10型機の導入を推進し、グループの総機材数は2016年度末の268機から2020年度には約335機に拡大する。

2017年度と比較し、2020年度には、国内線は需要に応じて適正機材を投入する「ピタッとフリート」の推進や訪日・ミレニアル世代の需要開拓で約98%、貨物はネットワーク再編や新商品の投入などで約120%、国際線はデュアルハブの強化や海外販売の拡大、リゾート戦略の推進などで約130%、LCCはピーチの連結化や中距離路線への進出などで約220%の成長を見込む。これにより、2020年度の売上高は2兆1,600億円、営業利益は2,000億円、営業利益率は9.3%を見込む。

詳細はこちら

イタリア Wifi 最安価格

日本-韓国行き航空券

日本-韓国行き航空券

4,744
Traicy Talk (新着投稿)
  • U台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • UNエクセスチャージ対策
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
  • Uテグかソウルかプサンか、どこが一番楽しいスポットでしょうか。
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 参考までに
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 格安航空会社で最もコストパフォーマンスの良い会社を教えてくれませんか。
  • バンコクのホテル選び
  • JGC修行2017
  • 中央アジア周遊ルート
  • 長期滞在の持ち物(包丁、洗い物など)について
  • ペナン島からオランウータンを見に行きたい