中部国際空港、新LCCターミナルビルの整備計画を発表 10スポットを整備

中部国際空港は3月31日、2019年度上期に供用を開始する予定の新ターミナルビルの整備計画を発表した。

延床面積は40,000平方メートル、2階建てでチェックイン棟とコンコース棟の2棟構成。スポット数は合計10スポットとなる。立体駐車場に直結し、バス乗降場をターミナルの前面に設ける。出発階は2階、到着階は1階で、チェックインから搭乗ゲートまで階層移動がなく、直線的でわかりやすい導線とした。年間旅客取扱数は国際線300万人、国内線150万人の計450万人。

「エプロンルーフ」による徒歩搭乗を行うことができるほか、航空機の自走出発が可能で、国際線と国内線の容易な切り替えができるスポットを配置する。今後の可能性も考慮し、大型機にも対応したマルチスポットを整備し、コンコース棟の延伸、スポット増設にも対応できる用地を確保する。

カナダ Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

53,466
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 雑談
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 夜行便の調べ方について
  • 東京から京都に最安で行く方法
  • 海外で食べて一番美味しかったものについて教えてください!
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • ベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • アメリカ入国審査