デルタ航空と大韓航空、共同事業の実施で合意 太平洋路線で競争促進

デルタ航空と大韓航空は3月29日、共同事業を実施することで合意した。

北米とアジア間の競争を促進し、太平洋横断路線の成長と顧客利益の拡大を目指す。対象となる便の売り上げとコストを共有し、シームレスな乗り継ぎを実現するためスケジュールを調整する。これにより、アメリカ大陸の290都市以上、アジアの80都市以上を網羅することになる。デルタ航空の「スカイマイル」と大韓航空の「スカイパス」でマイルの相互獲得と利用もできるようになる。

デルタ航空のエド・バスティアン(Ed Bastian)最高経営責任者(CEO)は、「今回の合意により、デルタ航空と大韓航空の長年に渡る提携関係がさらに深まり、お客様が望むグローバルなアクセスとシームレスなサービスを提供できるようになる。米国とアジア間のフライトを利用する両社のお客様に、業界をリードするサービスを提供することを楽しみにしている。」とコメントした。

デルタ航空は6月3日より、ソウル/仁川〜アトランタ線の運航を開始する。大韓航空のソウル/仁川〜アトランタ線を補完するものとなる。大韓航空は今夏に、ソウル/仁川〜ロサンゼルス線を1日3便、ソウル/仁川〜サンフランシスコ線を1日2便の運航を開始する。

Wifi 最安価格

カナダ

航空券比較

香港行き

7,888